www.solarmidwest.org

「スプレッド」とは外為は外貨を買ったり、売ったりすることによって利ざやを狙う商取引です。価格は常時上がったり下がったりします。これが為替です。ニュースサイトを見ていると外貨のマーケットの話題が流れる場合があります。たとえば、「ただいまのドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。別の表現をすると取引には、買値と売値の値が存在する事を示しています。売値、買値の事を別の言い方で提示しているFX取引会社もあります。いつもは売値の方が買値よりも安く決定されています。自分が買値は高く、売値は低くなります。その差額をスプレッドといい取引業者の儲けとされています。スプレッドの差は業者によって変化します。スプレッドはみなさんにとってコストになるので低い業者を選択するほうが儲けられます。ただ、同じ業者でも場面によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。日常的にはドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドであるとしても、レートの変化がとても激しいときには広くなる事があります。そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい変化が少ない事が肝心です。今では動かないスプレッド幅を表示する取引業者もいくつも存在しています。現実に取引業者の注文画面内で本当の市場をチェックしなければ評価できないのですがとても重要なことです。大切な資金を投入してエントリーをするのですから、売り買いの前に気になるFX取引会社の新規口座開設を積極的にしてスプレッドの幅を確認しましょう。同じペアでもその時間帯の相場の変動率によって、外貨のスプレッド幅は異なる場合があります。通常、インターバンク相場で取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッドの広さが狭くそれ以外のペアではスプレッドの広さが広くなる事が多いです。

コンテンツメニュー