www.solarmidwest.org

「スプレッド」とはFX取引は通貨を売り買いして利ざやを生み出す取引です。買ったり売ったりの値段は、動いています。これが為替レートです。ラジオを聞いているとドル円やユーロ円の為替レートの話題が流れる状況があります。よく見かけるのが、「ドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを言い表しています。つまり、買いと売りの両方の値があるという事です。売値、買値ではなく、BID、ASKと表している取引業者もあります。普通は買値よりも売値のほうが低い値段に設定されています。私達が買値は高く、売値は低くなっています。その差をスプレッドといい、FX業者の収入の1つになっています。スプレッド幅は業者によって異なります。スプレッドの狭さは自分自身にとって手数料になるので、低いFX会社を選んだほうが有利になります。ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドの幅は大きくなったり小さくなったりします。もしいつもはドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの差であるとしても、マーケットの動きがとても激しい状況では広くなったりする場合があります。ですから、スプレッドの幅が狭いのと同様に変わらない事が必要です。近頃では固定でスプレッドの広さを提示するFX会社も多く存在します。現実に業者のトレード画面内でリアルな為替相場を見なければ区別できないので億劫ですが、とても大切なことです。多くの財産を賭けて取引をするのですから、注文の前に、興味があるFX会社の取引するための口座開設をどんどんして、表示されているスプレッドを点検しましょう。同じ通貨でも、その時点の外国為替市場の変動率によって、通貨のスプレッドの狭さは異なることがあります。通常、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が小さく、残りの外貨ではスプレッドの差が広くなる事があります。

コンテンツメニュー