www.solarmidwest.org

借入の支払い方法というものは金融機関の方針によって相当ずれがありまして、多様なやり方が導入されています。類型的なところではスライド方法やリボルディング方式などが取り入れられているようです。かくのごとき誰しも知っているリボ払いですが本当を言えば計算方法に多くの方法というものがあったりします。ですからそんな様式によって返済合計金額が違ってきてしまうわけですから、理解することで損はないでしょう。そうしたら簡便にそれぞれの方式のへだたりに関して解説していきましょう。一つ目は元金均等払い次は元利均等払いです。これらはその名を冠する通り、元金に関してを均等にして払っていくというものと元本と利子についてをあわせて均等に支払っていく様式です。このケースではたとえば10万円をキャッシングしたと設定して実際のところどういう計算をするのかやってみます。利子については双方とも15%とし考えます。リボ払いの返済額を1万円として計算します。先ずは元金均等払いからいきましょう。この事例の初回の引き落しについては1万円へ利息分1250円を加えた額となります。2回目の支払に関しては1万円へ利子分の1125円を加算した金額になります。かくして10回にて返済を終了させると言う方法になります。他方で元利均等払いというのは最初の返済については1万円ですがそこから元金に8750円利子へ1250円といったようにして分配するのです。次の支払に関しては元本が8750円減った状態で利子を計算して1万円を再度割り振りをします。すなわち元利均等払いの事例は10回で支払いが終わらないという算定になります。こればかりのへだたりで両者がどれくらい違っているかたっぷり理解してもらえたと思います。元利均等というものは元金均等に比肩して、明瞭に元本が減少するのが緩慢と言う不具合といったものがあったりします。即ち利子を余計に支出するというような状況になってしまうのです。反面、1度目の引き落しが小さな額で済んでしまったといったプラスというものもあるのです。こういう支払い方式についての違いにより、引き落し総額は相異なってきたりしますから自身の計画に合う計画をするようにしてみてください。

コンテンツメニュー