常に動いています

「スプレッド」とはFXは外貨を売買の注文をして利幅を生み出す取引です。

値段は、常に動いています。

これが為替です。

ニュースサイトを見ているとドルやユーロの為替レートの情報が流れる場合があります。

「ドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。

別の言い方をすると、売買には買いと売りの2個の値が存在する事を示しています。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示しているFX取引会社も存在しています。

平常時には売値のほうが買値よりも低くなるものです。

自分が買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

その差をスプレッドといい、FX業者の収入とされています。

スプレッドの差は業者によって違います。

スプレッドの狭さは自分自身にとって出費になるので小さい取引業者をセレクトしたほうが有利になります。

ただし、同じ会社でも状況によってスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

もしも日常的には円とドルの組合せでたった1銭のスプレッドの差だとしても、相場の上げ下げが激しい場面では1銭よりも大きくなったりする場合があります。

なので、スプレッドが小さいのと合わせて安定しているということが重要です。

固定したスプレッドの狭さを見せる業者もたくさんあったりします。

リアルにFX会社の取引画面の中で現実の為替レートを見なければ判別できないので面倒ですが、大切な事です。

貴重な投資資金を投入して売買をするのだから、トレードの前に、関心があるFX会社の取引するための口座開設をいくつもして、表示されているスプレッド幅を知っておきましょう。

同じ通貨でも、そのタイミングの為替相場のボラティリティによって、外貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。

おおむね、銀行間取引市場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが狭くあとの通貨では広がるのが一般的です。

コンテンツメニュー

    Link